【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯の黄ばみは人の印象を3歳以上も老けて見られるという
統計結果があります。

 

 

そのため歯の黄ばみで悩んでいる方は白くてキレイな歯を手に入れる為に
レモンや消しゴム、重曹など色々方法を調べていらっしゃると思います。

 

 

そんな歯の黄ばみを落とす簡単な方法について解説させて頂きます。

 

トップへもどる

歯の黄ばみを落とす簡単な方法はやはり歯磨き粉だった!

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯の黄ばみは年齢と共に少しずつ沈着してくるので
気になっている方も非常に多いと思います。

 

 

歯の黄ばみは20代中頃から目立つようになりひどい場合ですと
前歯に色素沈着や茶色い線、フィルムが張り付いていたようになってしまいます。

 

 

そんな歯の黄ばみの簡単な落とし方はやはり
歯磨き粉を変更するのが一番早いと思います。

 

 

歯の黄ばみはコーヒーやワインなどのステインと呼ばれる着色や
タバコのヤニなどの影響で少しずつ歯に黄ばんだ色を付けてしまいます。

 

 

しかしホワイトニング歯磨き粉を使用するとそんな
ステインやヤニ汚れといった歯の黄ばみを落としてくれます。

 

 

私も20代中盤から前歯に黄ばみだけでなく色素沈着が起きてしまいましたが
ホワイトニング歯磨き粉を使用する事で綺麗に改善する事ができました。

 

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯の黄ばみが気になる方は通常の歯磨き粉をホワイトニング効果がある
専用の歯磨き粉に変えてみるのがおすすめとなります。

 

 

自宅で簡単に歯の黄ばみ対策を行いたい方は
是非ホワイトニング歯磨き粉も検討してみてくださいね。

 

 

 

 


パールクチュールで歯が白くなるまでどの位かかった?



 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみを落とすホワイトニング歯磨き粉のメリット、デメリットは?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

自宅で歯の黄ばみを落とす簡単な方法は
ホワイトニング歯磨き粉を使用する事だとご紹介させて頂きました。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用するメリットは効果はもちろん
安全性も非常に高く自宅で手軽に歯の黄ばみ対策ができる事だと思います。

 

 

しかしホワイトニング歯磨き粉はふたつのデメリットがあります。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉のデメリット
  • 効果の実感まで時間がかかる
  • 年齢なりの黄ばみ除去効果となる

 

 

 

ホワイトニング歯磨き粉のデメリットは効果を
実感できるまで時間がかかってしまう事です。

 

 

私がホワイトニング歯磨き粉を使用して満足できる白い歯に仕上がるまで
大体2ヶ月ほどかかってしまいました。

 

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

もちろん歯医者でホワイトニングを行った場合も
8回程度が標準となるので2ヶ月程度はかかってしまいます。

 

 

しかし歯の黄ばみを落とすのに時間がかかってしまうのは
デメリットのひとつだといえるでしょう。

 

 

 

そしてふたつ目のデメリットが年齢なりの黄ばみ除去効果となる事です。

 

 

 

ホワイトニング歯磨き粉を使用した場合は歯のステインをポリリン酸などの
働きでしっかりと落とすことが期待できます。

 

 

しかし歯の黄ばみは年齢と共にエナメル質の下にある象牙質が厚くなる事から
ステインやヤニ汚れを落としたとしても黄ばみが気になる場合があるのです。

 

 

歯医者などでホワイトニング施術を行った場合は
追加料金となってしますがラミネートべニアやマニュキアなどで
満足できる白い歯に仕上げてくれます。
※ラミネートべニアの場合1本あたり5万円程度が相場です。

 

 

そのため30代位までなら満足できる白い歯に仕上がっても
50代以降では歯の白さに不満が出る場合があります。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉はリーズナブルで自宅で簡単に
歯の黄ばみを落としてくれますが歯医者のように歯の状態に合わせて
最適の施術を提案してくれないという事がデメリットとなっていますよ。

 

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみの落とす方法は歯磨き粉以外では何があるの?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯の黄ばみを落とす簡単な方法として
ホワイトニング効果のある歯磨き粉をおすすめさせて頂きました。

 

 

そんな歯の黄ばみを落とす方法はホワイトニング歯磨き粉以外でも
いくつか方法が用意されています。

 

 

歯の黄ばみ落とす方法※ネット検索での抽出
  • 歯医者でクリーニング、ホワイトニング
  • 専用のテープやホワイトニングペン
  • スポンジ歯磨きを使用する

 

 

 

一番ポピュラーなら歯の黄ばみを落とす方法
やはり歯医者を利用する事です。

 

 

歯医者では虫歯治療や歯石取り、歯列矯正以外にも
歯のホワイトニング施術を行ってくれます。

 

 

歯医者で直接、歯の黄ばみを落とすメリットはやはり
ホワイトニング効果が一番期待できる事があげられます。

 

 

しかし歯医者での審美目的のホワイトニング施術は保険適用外となり
ホワイトニングにかかる料金がとても高くなってしまう事がデメリットとなります。

 

 

また週に1回程度は歯医者にかかる必要があるので
手軽にホワイトニングできないという事も特長となっています。

 

 

そして2つ目の歯の黄ばみを落とす方法は専用のフィルムテープやホワイトニングペン
使用してホワイトニングを行う事です。

 

 

ホワイトニングペンはいくつか販売されていますが
あまりホワイトニング効果は高くなくホワイトニング後の
歯のメンテナンスにおすすめとなっています。

 

 

またフィルムテープに関しては日本で販売されておらず
アメリカなどから輸入品を購入するのが一般的となっています。

 

 

最後のスポンジ歯磨きについては専用のデンタル用のスポンジで直接歯を磨く事で
ホワイトニング効果を期待する事ができます。

 

 

その他では民間療法としてティッシュで磨く、激落ちくんなどメラニンスポンジ磨く、爪で磨く、
お酢やレモン、重曹といった台所用品を使用するものが見つかりました。

 

 

重曹についてはホワイトニング効果のエビデンス(根拠)もあるようですが
民間療法と合わせて歯に負担がかかりすぎるのでおすすめできない
歯の黄ばみを落とす方法となっています。

 

 

 

トップへもどる

自宅で歯の黄ばみを落とすホワイトニング時の注意点は?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

ここまで歯の黄ばみを落とす方法を簡単にご紹介してきました。

 

 

その中でも特にホワイトニング歯磨き粉を使用する方法は
自宅で簡単に歯の黄ばみを落とす方法としておすすめとなっています。

 

 

そんな歯の黄ばみを自宅で落とす際の注意点がひとつあります。

 

 

歯の黄ばみを自宅で落とす場合の注意点
  • 安全性には特に注意する

 

 

歯の黄ばみを落とす方法は歯医者以外では歯磨き粉やホワイトニングペン、
デンタル用のスポンジを使用する方法があります。

 

 

しかし歯のホワイトニング専用でない重曹やメラニンスポンジ、爪などを
使用してホワイトニングを行う場合は安全性に注意が必要となります。

 

 

つまり歯の黄ばみを落とす方法として有名な民間療法での
ホワイトニングはおすすめできないという事になります。

 

 

自宅で歯の黄ばみを落とす場合はホワイトニング歯磨き粉といった
専用のホワイトニング商品を使用するようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみを落とす!歯医者を利用するといくらかかるの?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯の黄ばみを落とす方法で一番一般的となるのが
歯医者を利用する方法です。

 

 

歯医者でホワイトニングを行う場合は自宅で手軽にという訳にはいきませんが
確実にホワイトニングを行ってくれる信頼感があります。

 

 

そんな歯医者で歯の黄ばみを落とす場合にかかる料金は
5万円程度からとなっています。

 

 

歯医者で歯の黄ばみを落とす場合の料金(例
  • 8回 16本 6万円
  • 8回 20本 7万5000円
  • ラミネートべニア 1本当たり5万円〜

 

 

 

歯医者でホワイトニングを行う場合の料金は自己負担となり
専用のマウスピースなどを使用してホワイトニングを行います。

 

 

ただ、歯周病などが認められた場合は保険適用となり3000円程度で
ホワイトニングと歯周病治療を行ってくれる事もあります。

 

 

しかし虫歯がある場合などまずは虫歯治療を行ってから
ホワイトニングを行う流れとなるので通院期間が長くなってしまう事があります。

 

 

問題なくホワイトニング施術に入れた場合でも
2ヶ月をかけて綺麗に仕上げていくので料金だけでなく
通院にかかるデメリットも注意が必要となります。

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみを落とすホワイトニング歯磨き粉は市販されているの?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯医者で歯の黄ばみを落とす場合は5万円程度の料金がかかり
お値段に注意が必要だとご紹介させて頂きました。

 

 

また歯の黄ばみを落とす施術は8回程度が目安となり
2ヶ月程度の通院が必要となっています。

 

 

しかし歯の黄ばみを落とす方法はホワイトニング歯磨き粉なら
通院の必要もなく歯磨き粉を変更するだけで済むので続けやすいメリットがあります。

 

 

そんな歯の黄ばみを落とすホワイトニング歯磨き粉は市販されているのでしょうか。

 

 

 

いきなり結論から書かせて頂きますとホワイトニング歯磨き粉

 

 

薬局やドラッグストアなどでも購入できます

 

 

がお答えとなります。

 

 

 

しかしホワイトニング歯磨き粉を薬局やドラッグストアで購入する場合、
こちらもデメリットがあります。

 

 

それは細かい商品の良し悪しが店頭では分からない事です。

 

 

 

薬局やドラッグストアで販売されているホワイトニング歯磨き粉は
たくさんの種類がありお値段も1500円から5000円程度が相場となります。

 

 

そのため効果が不明なまま適当に購入してしまうと
効果の実感が今一ピンとこず続ける事が難しくなってしまいます。

 

 

そのためホワイトニング歯磨き粉を選ぶ場合は成分などがしっかり
記載されている商品をネットでしっかり検討する必要があります。

 

 

またインターネットで実際に使用された方の口コミなどを
参考にするのも良い方法だと思います。

 

 

歯の黄ばみを落とすホワイトニング歯磨き粉を薬局やドラッグストアで選ぶ場合は
ある程度の下調べが必要となっていますよ。

 

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみを落とす重曹使用時の注意点は?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

歯の黄ばみを落とす民間療法でホワイトニングを行えるとして
有名なのが重曹を使用する事です。

 

 

重曹を使用したホワイトニング方法は重曹を少量の水で練って
歯磨き粉程度の粘度にして少し置いた後ブラッシングを行います。

 

 

重曹を使用した歯磨き粉も実際に販売されており
研磨剤としての働きを期待する事ができます。

 

 

しかし重曹を使用して歯の黄ばみを落とす方法
歯への負担が大きすぎるためにおすすめする事ができません。

 

 

ちょうどYouTubeで歯科医師が重曹を使用したホワイトニング
注意点を紹介されていたので併せてご紹介しておきます。

 

 

 

 

重曹を使用してのホワイトニングは研磨剤として歯の表面を削る働きとなるので
歯が欠けてしまうといった危険性が指摘されています。

 

 

その他にも歯が削られる事でより黄ばみがつきやすい歯の状態となったり
知覚過敏や虫歯といった危険性も報告されています。

 

 

 

重曹を使用した歯の黄ばみを落とす方法は手軽ではありますが
リスクが高いと覚えておいてくださいね。

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみの落とすのは歯の消しゴムで出来るの?

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

重曹で歯の黄ばみを落とす方法は歯への負担が注意点となっています。

 

 

そんな歯の黄ばみを落とす方法のひとつとして
デンタル用の歯の消しゴムという商品も販売されています。

 

 

デンタル用の消しゴムはシリコンで出来た専用商品となっています。

 

 

そのため重曹やメラニンスポンジを使用した歯の黄ばみを落とす方法よりも
格段に安全性が高くなっています。

 

 

 

しかし歯の消しゴムは併せて研磨剤を使用する場合が多いので
こちらも歯への負担が問題となります。

 

 

特に知覚過敏が気になる方は使用頻度によっては
歯の状態が悪くなる場合があります。

 

 

歯の消しゴムの使用を検討されている方は
歯への負担についてしっかりと理解しておいてくださいね。

 

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみを落とすレモンは危険もある!

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

ここまで歯の黄ばみを落とす方法と注意点をご紹介させて頂きました。

 

 

最後にレモンやお酢といった食べ物で歯の黄ばみを落とす場合の
危険性について解説させて頂きます。

 

 

レモンやお酢は言うまでもなく酸味が特長の食品となっています。

 

 

そのため歯医者やホワイトニング歯磨き粉と同じ
ポリリン酸などを使用して歯の黄ばみ落とす方法と
同じ作用でホワイトニングを行う事になります。

 

 

しかしレモンやお酢を使用してのホワイトニングは
酸性が強すぎるために歯のエナメル質まで溶かしてしまい
白い歯の透明感が失われ知覚過敏や虫歯を引き起こす危険があります。

 

 

 

歯医者でのホワイトニング施術の期間からもわかる通り
酸性を利用とした歯の黄ばみを落とす方法は2ヶ月程度が目安となります。

 

 

そのため1度や2度程度のレモンやお酢を使用してのブラッシングでは
満足できる白い歯に仕上げる事ができません。

 

 

やはり歯の黄ばみを落とす方法は歯医者を利用するか
ホワイトニング歯磨きがおすすめという結論となっています。

 

 

 

 

トップへもどる

歯の黄ばみ落とす方法まとめ!

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

  • 歯の黄ばみは歯医者やホワイトニング歯磨き粉で落す事ができる
  • ホワイトニング歯磨き粉は自宅で簡単に使用できる事がメリット
  • ホワイトニング歯磨き粉は続ける事がポイント
  • ホワイトニング歯磨き粉は正しい商品選びが重要
  • 歯の黄ばみ落としは歯医者が一番効果が高い
  • 歯医者でのホワイトニング施術の費用は5万円が目安
  • その他の民間療法は安全性に問題がある

 

 

 

自宅で歯の黄ばみを落とす一番簡単な方法として
ホワイトニング歯磨き粉をおすすめとさせて頂きました。

 

 

またそれ以外の歯の黄ばみ落とす方法として
手軽ではありませんが歯医者での施術が安心で
効果も高いと解説させて頂きました。

 

 

 

ホワイトニング歯磨き粉は通常の歯磨き粉よりも高価となっていますが
歯医者でホワイトニングを行う場合と比較しても
1/3以下のお値段で歯の黄ばみ落とす事が可能となっています。

 

 

 

ただ、歯の黄ばみ落とす期間はホワイトニング歯磨き粉であっても
歯医者であっても2ヶ月程度かかる計算となり
時間がかかる事がデメリットとなっています。

 

 

私がホワイトニング歯磨き粉で歯の黄ばみだけでなく茶色いシミまで
しっかり落とせたのもやはり2ヶ月程度かかりました。

 

 

【歯の黄ばみ落とす】自宅で簡単に黄ばみを治すのはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

 

 

 

しかしお値段は1ヶ月5000円程度と歯医者を利用するよりも
お得に効果を実感できたので満足しています。

 

 

 

自宅で簡単に歯の黄ばみ落とす方法を探していた方は
私の使用したホワイトニング歯磨き粉の記事もチェックしてみてくださいね。

 

 

 


パールクチュールで歯が白くなるまでどの位かかった?



 

関連ページ

歯の黄ばみの原因は?タバコのヤニ、コーヒーや控えないといけないの?
歯の黄ばみは男性、女性問わずに悩んでいる方がとてもたくさんいらっしゃいます。そんな歯の黄ばみの原因や注意点、黄ばみを落とす方法について解説させて頂きます。
歯のヤニ黄ばみの対処方法!ヤニの黄ばみがとれる歯磨き粉は?
タバコのヤニによる黄ばみで悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。そんな歯のヤニ黄ばみの対処方法とおすすめの歯磨き粉をご紹介させて頂きます。